<私たちの想い>
今回の手作り市のコンセプトは、

『誰もが個性を輝かせる
共存共栄型社会の実現』

です。

近年、特に震災以降、大きな意識の変化・時代の変化を感じている方も多くおられると思います。

力と支配の男性性の時代から愛と調和の女性性の時代へ移行しているといった話も耳にします。

手作りという言葉は文字通り「人の手で作るもの」であり、 そこには愛や真心が込められており、 食だけでなくモノやコトすべてを指しており、 それは芸術であり、文化であり、生活であるように思います。

これまでの効率を追い求めた競争社会では、 そうしたゆとりある営みは排除されることもあったかもしれません。

これからはそうした豊かな心・生き方は、きっと、新しい時代と美しい世界を形づくる原動力になるでしょう。

未来の子供たちのためにもできる範囲で私たち大人が主体的な行動を起こしていくことが大切だと考えています。

今回の手作り市はちいさなお寺でのささやかなイベントでありますが、誰もが個性を輝かせる共存共栄型社会、 それがこのちいさな世界で実現することができれば、それは象徴となり、 個が全体であり全体が個であるように、 もしかすると大きな世界にもつながるのではないでしょうか。

また、「太陽と月のマーケット」というネーミングには、 自然への感謝、すべての命への尊敬、 そして共に生かし合いながら自然体で生きるといった意味合い、 そして男性性と女性性の統合といった意味合いを、 祈りとともに込めさせていただきました。


お問い合わせ先
お問い合わせ、ご質問等ございましたら、こちらまでお願い致します。 tttmarket@gmail.com
【協賛】
自然館 http://www.sizenkan.co.jp/ 大阪・本町のオフィス街の中にある こだわりの自然食品店です!
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
PR
↓ フライヤです。ご覧下さい。(クリックで拡大)



+++太陽と月のマーケットin正福寺+++


□□ 開催日 □□
2013年4月20日(土曜日)
2013年4月21日(日曜日)


□□ 開催時間 □□
AM11:30〜PM19:30


□□ 会場 □□
浄土真宗本願寺派 正福寺 
〒563-0032 大阪府池田市石橋4-15-14 地図
阪急蛍池駅、石橋駅より徒歩10分
※公共の交通機関をご利用ください。
http://namosquare.org/index.html

道順(蛍池駅から) /  道順(石橋駅から)


-----------------------------------------------------------

○ facebookページ&イベントページ ○
http://www.facebook.com/taiyoutotsuki3
http://www.facebook.com/events/355581067881309/

○ twitter ○
https://twitter.com/tttmarket


-----------------------------------------------------------


ワークショップ / 本堂プログラム / 出店者一覧 はこちら




| main | ★「太陽と月のマーケット」in正福寺★出店者さま募集★ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    「太陽と月のマーケット」に対する想い
    0
      今回の手作り市のコンセプトは、

      『誰もが個性を輝かせる
      ...
      共存共栄型社会の実現』

      と考えています。

      便宜上コンセプトという言葉を使いましたが、
      テーマや想い、ビジョンなど、そういったものとして
      解釈していただければと思います。

      以下、長くなりますがご一読いただければ幸いです。


      近年、特に震災以降、大きな意識の変化を感じている方も
      多くおられると思います。
      それを追うように時代も大きく変化し始めているように思います。
      目に見えない意識というものが先に立ち、
      次に目に見える現実が作られるという理にかなったことかも知れません。

      力と支配の男性性の時代から愛と調和の女性性の時代へ移行しているといった話もよく耳にしますが、
      こうした手作り市のニーズの高まりや手を挙げてくださった方々の在り方に触れさせていただくごとに、
      そういったことも単なる不思議話ではないように感じています。

      手作りという言葉は文字通り人の手で作るものであり、
      そこには愛や真心が込められており、
      食だけでなくモノやコトすべてを指しており、
      それは芸術であり、文化であり、生活であるように思います。
      そのことは今回、手作り市という言葉だけでご参加の意を表明してくださった皆様の
      多種多様な活動内容から気づかされました。
      これまでの効率を追い求めた競争社会では、
      そうしたゆとりある営みは少しばかり排除されることもあり、
      繊細な心ゆえのご苦労をご経験された方も多いことかとお察しします。

      これからはそうした豊かな心は、
      新しい時代と美しい世界を形づくる原動力になるものと考えます。
      未来の子供たちのためにもできる範囲で私たち大人が
      主体的な行動を起こしていくことも大切かと考えています。

      こうした時代の転換期には前時代の過ちが表面化することは長い歴史から、
      そして昨今のニュースからも見てとれますが、
      私たちに関しましてはそれらに怒りを向けることなく、
      許し、受け入れながも、よりよい未来に意識を向けることを
      共に選択できればと思っております。

      今回の手作り市はちいさなお寺でのささやかなイベントでありますが、
      誰もが個性を輝かせる共存共栄型社会、
      それがこのちいさな世界で実現することができれば、それは象徴となり、
      個が全体であり全体が個であるように、
      もしかすると大きな世界にもつながるのではないかと考えています。

      このような時代の転換期に生まれたこと、
      そしてこの和の国に生まれたこと、その意味を今一度確かめながら、
      主催という立場で皆様とともに協力させていただけることを歓びたく思っております。

      また、「太陽と月のマーケット」というネーミングには、
      自然への感謝、すべての命への尊敬、
      そして共に生かし合いながら自然体で生きるといった意味合い、
      そして男性性と女性性の統合といった意味合いを、
      祈りとともに込めさせていただきました。


      以上、短く書く時間がなくて長くなってしまいましたが、
      最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。
      乱文、ご容赦くださいませ。


      | 太陽と月のマーケットについて | 09:53 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:53 | - | - |
        コメント
        コメントする